既卒は就職できないのか|そんなことはない

既卒は就職できないのか|そんなことはない

既卒はなぜ就職できないのか

現在6月から解禁になりました就職活動ですが、新卒者と既卒者には1年のブランクとしか違いがないように感じますが、実は大きな違いがあります。私たち採用担当者からすると、同じようなスキル、人柄の方が居た場合どちらか1名しか採用できない場合には、必ず新卒の方に内定をだします。それは、なぜかというと、新卒として活動できる間になぜしなかったのか、なぜ決定できなかったのか、などその期間にその方が活動を怠っていた、または内定が出ても断っていたのではないかと推測してしまいます。同理由でこちらの採用も断わられるのではないのかということも感じてしまうため、新卒の方が優先になってしまいます。 
そのような企業は多いと思いますので、やはり情報量の面からも既卒者は新卒者より劣ってしまいます。学校側のサポートも既卒者には正直厳しいと思いますし、学校内でしか得られない情報もあるからです。 企業採用担当としては、WEBなどにオープンにしない求人も学校の進路担当の方には開示するなどの手段を取っているから、そもそも既卒者が新卒者と同様の枠に入るということがとても難しいです。経験面に置いても1年未満の退職では経験とは言えないため、既卒者の就職は大変厳しい状況です。

既卒が就職するために必要なこととは

既卒で就職するためには、きちんと明確な目的を持つことが必要です。現代の日本では、新卒採用が一般的で、中途採用枠は即戦力を求めていることが多いです。そして、既卒の場合、新卒の枠で応募できる場合もありますが、ほとんどが中途採用枠に応募することになります。そうすると、必然的に自分よりも能力が優れている人たちと競争していかなくてはならなくなります。そのため、自分が志望する会社になぜ入りたいのかということを明確にすることが必要です。
また、なぜ、新卒で就職で着なかったのかについて、一度見直してみるべきです。現在、新卒なら選びさえしなければどこかしらの会社に就職することができます。つまり、どこにも引っかからなかったということは、自分の能力に見合った会社を選んでいなかった可能性があります。基本的に、名の知れた会社ほど、能力が高い人を採用します。したがって、既卒段階で就職先を探すときには、自分は高望みしすぎていなかったのかどうかを見直しながら、能力に合った会社を探していくとよいです。
ハローワークなどの就職あっせん所に行くと、自分に合った仕事を相談員の人が一緒に探してくれます。自分では客観視できないという人は、利用してみましょう。

既卒が就職するために就職支援サービスを利用する

最近ではアベノミクスの影響により一億人の総活躍の時代になってきました。そのため、より多くの人たちが就職することが可能となってきており、新卒採用にいたらなかった人で既卒の人でも現在ではチャンスが広がってきています。特に有効求人倍率は低くなってきており、より多くの人が就職しやすいような環境が整ってきているため、数多くの既卒の人も就職しやすくなっています。そこで、最近では企業側が非常に人材を求めているため、労働者と企業とのかけ橋となるように、就職支援サービスが充実してきています。特に最近の状況ですと、現在の既卒の人たちにたいして、条件として適している企業を選別することができ、採用面接に向けてはきっちりとキャリアデザインの作成や今後のキャリアアップに向けた取り組みをきっちりと行っていくために様々な支援を実施しています。面接対策などはきっちりと行ってくれるサービスも多く、想定される質問や企業が求めている人物像などをしっかりとアドバイスしてくれるため、力を入れるべきポイントについてきっちりと把握することが可能になっています。さらには現在の就職情報など最新の情報をしっかりと入手することができるのもメリットのひとつになります。