既卒が就職するために面接が大事

既卒が就職するために面接が大事

既卒が就職活動を行う場合には、面接で話す内容を重要視することが大切です。面接官は既卒に対して最も興味を持つのが、新卒で何故就職しなかったのかということです。ここでの回答が面接官に対してどのような印象を与えるかによって、その後の評価が大きく変わるものです。
新卒の場合には学歴が大きな要素を占め、その中でどのような研究活動をしてきたのか、得意分野は何なのかを聞かれることが多いのですが、面接官の多くはこれまでも沢山の新卒を見てきた経験があるため、卒業した学校により大体の人材の性格は把握しています。その為、新卒の場合にはその人物の印象は学校でほぼ決まってしまうものです。しかし既卒の場合は卒業後どのような活動や経験をして来たのかが非常に重要で、また面接官が最も興味のある部分なのです。
就職前にさらに様々な経験をしてきたり、若しは自分の知識や経験の幅をひろげるために敢えて就職をしなかったという人が多く、その経験が会社での活動に役立つと判断された場合には、新卒よりも即戦力として高い評価を受けることもあります。その為、既卒が就職活動を行うためには試験の成績も重要ですが、面接でどのようなことが話せるかが最も重要なのです。